CROSSAir 2015

コンサートシリーズ vol.6 CROSSAir 2015 「伝統×革新」
最新公演情報
ornament
コンサートシリーズ vol.6
CROSSAir 2015
「伝統×革新」
アコーディオン:大田 智美
ピアノ:富田 珠里

ゲスト:菊地 奈緒子(箏)

日程・会場
【高松公演】  (協力)アルファあなぶきホール
2015年718日(土) 14時開演(13:30開場)
CROSSAir2015「伝統×革新」 アルファあなぶきホール 小ホール
 ホームページ
〒760-0030 香川県高松市玉藻町9-10 Access Map
【京都公演】  (公財)青山財団助成公演
2015年719日(日) 18時開演(17:30開場)
CROSSAir2015「伝統×革新」 京都・青山音楽記念館 バロックザール
 ホームページ
〒615-8282 京都市西京区松尾大利町9-1 Access Map
【東京公演】

2015年731日(金) 19時開演(18:30開場)
CROSSAir2015「伝統×革新」 東京オペラシティ リサイタルホール
 ホームページ
〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2 Access Map

出演
アコーディオン:大田 智美
ピアノ:富田 珠里
ゲスト:菊地 奈緒子(箏)

プログラム
プーランク: 四手のためのソナタ acc.pf.
小出稚子: 千鳥の舞(日本初演) acc.pf.
稲森安太己: ひきかた koto
渡辺裕紀子: とある日の会話 koto pf.
カーゲル: 肉体化されし爪 acc.pf.
フランク: 前奏曲、フーガと変奏 op.18 acc.pf.
野村誠: 六段→交段→空段→穴段の調べ(新曲委嘱作品 世界初演) acc.pf.koto
野村誠: ウマとの音楽 (2005) acc.pf.
チケット料金:
全席自由 一般: 4,000円 高校生以下: 2,000(当日券は各500円プラス)
ペアチケット(一組): 7,000(前売りのみ)e+での販売はありません。
※就学前のお子様の入場はご遠慮下さい。
チケットお取り扱い:
クロスエアコンサート事務局
 TEL:080-9171-5312 
 E-mail:
e+ イープラス
 [直接購入] ファミリーマート
 [PC/スマートフォン/携帯共通] 
 高松公演 購入ページはこちら
 京都公演 購入ページはこちら
 東京公演 購入ページはこちら

高松公演のみ
 アルファあなぶきホール ホームページ
 TEL:087-823-5023 (県民ホール友の会会員は一般料金5%割引)
京都公演のみ
 青山音楽記念館 ホームページ
 TEL:075-393-0011

ornament_blue

ornament_blue

主催 / クロスエア コンサート実行委員会
後援 / 日本現代音楽協会 全日本芸術協会 桐朋学園音楽部門同窓会
(社)全日本ピアノ指導者協会 NPO法人日本アコーディオン協会(JAA)
沢井箏曲院 生田流箏曲清絃会
《高松公演のみ》 香川県 香川県教育委員会 高松市 高松市教育委員会 瀬戸内国際芸術祭実行委員会 
高松国際ピアノコンクール組織委員会 香川日独協会 四国新聞社 RNC 西日本放送 
KSB 瀬戸内海放送 RSK 山陽放送 OHK 岡山放送TSC テレビせとうち 
高松ケーブルテレビ FM香川 高松リビング新聞社

ornament_blue

CROSSAir 2015 ゲスト
プロフィール
菊地 奈緒子(箏 )  Naoko Kikuchi
仙台市出身。幼少より祖母、母より手ほどきを受ける。沢井忠夫師、沢井一恵師、梅岡友紀子師、地歌三弦を横田延子師に師事。上智大学外国語学部ロシア語学科在学中より『Sawai Kazue 箏アンサンブル』メンバーとして欧州、南米などワールドツアーに参加。
2005年、2008年 ルーマニア、ブルガリア、セルビアモンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアなど中欧ツアーを各国大使館主催、国際交流基金助成により催す。Guitar Art Festival 9th Sarajevo Winterfestival等、フェスティバルに参加。
2006年 台北市に於いて『第四回 アジア舞台芸術祭』に東京都派遣団として出演。
2007年 文化庁新進芸術家海外留学制度研修生として、ドイツ、フランクフルトのIEMA(インターナショナルアンサンブルモデルンアカデミー)に在籍。現代音楽のアンサンブルを研修しレパートリーの幅を広げる。
2009年 アジアゴ音楽祭(イタリア)、クロスサウンド音楽祭(アラスカ)に参加。イエメンにて日本文化週間に招かれ演奏をする。
2012年 スペイン,ソフィア王妃芸術センターにて演奏。ベルリンフィルプロジェクト参加。フレディ マーキュリー/モンセラート・カバリェ "バルセロナスペシャルエディション"のレコーディングに参加。(アイランド・レコード) 2013年 ベルリン3月音楽祭、無声映画"狂った一頁”(衣笠貞之助監督) ジーン・コールマン作曲作品で参加。
2014年 ラインマインオペラ(デュッセルドルフ)、バレーオペラプロジェクト"b.20 Deep Field" (アドリアーナ・ホルツキー作曲)参加。
ソロ活動として、様々なジャンルの演奏家、作曲家、アーティストと共に共演、新作の初演、ダンスとのコラボレートなど、様々な演奏活動を展開。同時進行で箏の持つ器楽的特色を強く持つ古典曲の習得や、様々な分野からも幅広く、技術の習得、音楽面の吸収を余念なく研摩し続けている。現在フランクフルトに在住。ヨーロッパでの箏の普及、発展を視野に入れた活動をしている。 アジアンアートアンサンブル(ベルリン)、IIIZ+(日中韓 の弦楽器のアンサンブル)メンバー
長谷検校記念全国邦楽コンクール優秀賞受賞。 生田流箏曲清絃会会長補佐
CROSSAir 2015 作曲家
プロフィール
小出稚子  Noriko Koide
1982年千葉県出身。東京音楽大学、同大学院修了後、ローム ミュージック ファンデーション奨学金、文化庁新進芸術家海外研修制度、デンハーグ王立音楽院より助成を受け、アムステルダム音楽院およびデン・ハーグ王立音楽院で学ぶ。これまでに作曲を池辺晋一郎、伊左治直、遠藤雅夫、佐藤眞、藤原豊、福田陽、細川俊夫、Wim Henderickx、Martijn Padding、Yannis Kyriakides各氏に師事。オーケストラ作品《ケサランパサラン》で第17回芥川作曲賞、第76回日本音楽コンクール作曲部門第2位と聴衆賞、第18回出光音楽賞、アリオン賞等を受賞。 現在はインドネシア政府奨学金および野村財団より助成を受け、インドネシア国立芸術大学スラカルタ校にてガムランの演奏と理論を学んでいる。
プロフィール
稲森安太己  Yasutaki Inamori
1978年東京都出身。東京学芸大学大学院修了、ケルン音楽大学コンツェルトエグザメン課程器楽音楽作曲科および大学院修士課程電子音楽作曲科修了。作曲を山内雅広、ミヒャエル・バイル、ヨハネス・シェルホルンの各氏に師事。2011年ベルント・アロイス・ツィンマーマン奨学金賞、2007年日本音楽コンクール第1位。2009−2011年度ローム·ミュージック·ファンデーション奨学生。2012年度野村財団奨学生。2013年度および2014年度芥川作曲賞ノミネート。2014年よりケルン音楽大学非常勤講師。
プロフィール
渡辺裕紀子  Yukiko Watanabe
1983年長野県出身。桐朋学園大学にて作曲を原田敬子、ピアノ、室内楽を間宮芳生各氏に学ぶ。野村国際文化財団、ロームミュー ジックファンデーション、文化庁から奨学金を受け、2008年に渡墺。グラーツ音楽大学にてベアート・フラー氏に師事。二作目のオペラ「柔らかい月」が、2014年グラーツにて上演される(ベアート・フラー指揮)。2011年オーストリア国営放送が主催する若手作曲家コンクールにて Ö1 Talentebörse- Kompositionspreise を受賞、同時に作品が Universal Edition から出版。2013年文化庁新進芸術家海外研修員。2014年秋より DAAD 奨学生としてケルン音楽大学にてKonzertexamen 課程に在籍し、ヨハネス・シェルホルン氏に師事。
プロフィール
野村 誠  Makoto Nomura
1968年生まれ。京都大学理学部在学中より音楽活動を展開し、雑誌やテレビの注目を集めた。作曲は独学。卒業と同時に、レコード会社と3年の専属契約、英国留学を経て、96年よりフリーの作曲家/即興演奏家として活動する。ピアノ、箏、アコーディオン、ガムラン、オーケストラ、瓦など、あらゆる楽器のために作曲し、ジャンルを横断して活躍。20カ国以上で作品を発表し、北海道から沖縄まで40以上の都道府県で公演を行う。NHK「あいのて」、「ドレミノテレビ」、「ヒミツのちからんど」などのテレビ番組に出演し、子どもの創造的な音楽教育を提案。新聞へのコラム連載、日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター、だじゃれ音楽祭の監修など、活動は多岐にわたる。著書に、「即興演奏ってどうやるの」(あおぞら音楽社)ほか。CDに「瓦の音楽」(淡路島アートセンター)、「ノムラノピアノ」(とんつーレコード)ほか。